読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書流域、流通センター

Kindleで本を読みアマゾンインスタントビデオで映画をみてMP3をアマゾンから購入するアマゾンの犬の備忘録です

【小説】「機龍警察 自爆条項」 月村了衛

<警部、あなたはきっと特別な人です。>

 

 

機龍警察 自爆条項 (上)
 

 

 

機龍警察 自爆条項 (下)
 

 

 軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織IRFによるイギリス高官暗殺計画を察知した。だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。首相官邸、警察庁、外務省、そして、中国黒社会の暗闘。やがて、特捜部の“傭兵”ライザ・ラードナー警部の凄絶な過去が浮かび上がる。世界標準のスケールと圧倒的リアリティを持ち極限にまで進化した“至近未来”警察小説、戦慄と驚愕の第二弾。

 

 前々からタイムラインで評価の高かった「機龍警察」シリーズ2作目ですが、素晴らしい冒険小説でした。個人的には一作目はハードボイルドでしたが、こっちは冒険小説。

  アイルランドの元テロリスト、ラードナー警部の巻。みどライザの巻かもしれない。

 いやあ、キリアンいいっすね。悪いやつだ! すーぱー悪いやつだ!

 こう、一般警官がばしばし千切られるシリーズにおいて、こういうもう清々しいほどの悪役が出てくると、しばき返す特捜部の動きを追うのにも熱が入ります。

 地上から首都高に無理やり上ってく、というネタもなかなかオシャレ。たぶん作者の頭のなかでは機甲兵装がグリングリン動きまわってるんだろうなあ。

 壮絶な過去でひたすらライザさんをいじめまくった末に、最後に持ち出す手話はズルい。前作であんまし出てなかった「国際的謀略」「各庁での縄張り争い」あたりが本格化しつつ、沖津あたりにやり込められる人でさえ一筋縄ではいかない描写。そこがいいんすよね。ネームドの引き立て役にもちゃんと見せ場をあげるのは大事かと思います。無印はそこがあんましなくてなー。(ぐちぐち)

 とにかく、スケールの巨大さをしっかりまとめた手腕は見事でした。