読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書流域、流通センター

Kindleで本を読みアマゾンインスタントビデオで映画をみてMP3をアマゾンから購入するアマゾンの犬の備忘録です

【小説】「こちら、郵政省特別配達課 1」 小川一水

 

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫)

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫)

 

 

 小川一水連打。さっき読了。

 笑いたくなるほど荒唐無稽な、家から馬まで超高速で運ぶ「郵政省特別配達課」の奮闘記です。

 

 

 地に足がついている設定とみせかけて、あまりにも恐ろしい予算の使い方をする郵便配達のお話です。

 ある意味では、「既存の技術で最速の郵便配達を行おうとした場合どうなるか」という思考実験かもしれん。

 特別配達課専用のハシゴ車、新幹線という時点でだいぶぶっ飛んでるが……セントラルL-NETはひどい。大笑いしてしまった。

 読みやすいライトノベルチックな読み物でした。チックというかラノベなのかな。