読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書流域、流通センター

Kindleで本を読みアマゾンインスタントビデオで映画をみてMP3をアマゾンから購入するアマゾンの犬の備忘録です

【音楽】「Shadow Theater」 Tigran Hamasyan 他

 

Shadow Theater

Shadow Theater

 

  InfterFMでくるりの誰かが薦めてたので聞いてみたら大当たりだったので、Amazon デジタルミュージックでアルバム買いました。

 その他天冥の標の最新刊買ったついでに近くのディスクユニオンでCD何枚か。Yesとか。全部レビューするのは無理っぽいので備忘録にとどめます。

 

 アルメニアのジャズピアニストだそうですが、まるでプログレッシブ・ロックのような響き。急展開に次ぐ急展開、変調の嵐。

 すーぱーおしゃれで落ち着きつつ中央アジアとロシアっぽさがなんかまぜこぜになった感じも味わえるおすすめです。2ndアルバムもそのうち買う。

 

※追記:そもそもこれ1stじゃなかったでござる。トリオでやってたりリミックス盤があったりどれがどれかわからないが、そのうちもう1枚うらいかう。

【同人小説】「アヴァロンの王杯」1~3 善浪栄一


  善浪栄一さんに頼んで送ってもらった同人小説、「アヴァロンの王杯」3冊読みました。

 魔法に騎士にサッカーなお話です。

 

続きを読む

【同人ゲーム】「不思議の幻想郷3」 AQUA STYLE

 

不思議の幻想郷3

不思議の幻想郷3

 

  DL版で買ったので、Amazon様にはお世話になっておりません。

 東方二次創作のローグライクものなんですが、ドハマりしております。ストーリーダンジョン1個目制覇済。

 ともすればアイテム枠を圧迫せず柔軟性を保ってしまう調合システムはローグライクの緊張感を奪うのでは、と思ったものの巻物にあたるスペルカードがそんな強くないのもあってか、うまい塩梅に。特ににとポの配分が結構悩ましい。

 絶賛したいのは武具をインスタントに合成できるシステム。にとポを結構使うっていう制約はあるものの、長いダンジョンであればほとんどが死にアイテムになってしまう床落ち武器をある程度活用できるのは素敵システム。

 ……ただ、二刀流が強すぎてそれが若干死んでる部分は感じる。結局二刀流やると盾死んじゃうので(仲間連れてればそれも若干補えるが)。二刀流でもクリアできるけど若干制約かかる、一番バランス取れるのは剣+盾っていう感じは難しいのかなあ。

 あと、未識別ダンジョン突っ込むとレシピ全部未公開になっちゃうのどうなのかなあ。調合ありきのバランスなので、wikiをいちいちみなきゃいけないというのは著しくテンポ落としてしまう。……さすがにこれ覚えろとか、未公開ダンジョンでいちいち試せっていう鬼ではないよね?

 とはいえ全体的に満足です。

【小説】「コロロギ岳から木星トロヤへ」 小川一水

 

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)

 

  Amazon様ではなく、神保町で買ったサイン本。

 ミステリは締めにサプライズを持ってくるが、SFは冒頭に持ってきてやると言わんばかりの突飛な設定をうまいことまとめてくれました。

続きを読む

【音楽】「Doo Little」 Pixies

 

Doo Little

Doo Little

 

  あればAmazon様のデジタルミュージックで買うのだが、なかったので輸入盤を購入。

 いやあいいっすねPixes。

 1曲めの「Debaser」の完成度の高さは素晴らしい。

 その他のお気に入りは「Wave Of Mutilation」「Monkey Gone To Heaven」あたり。

 というか全体的にハズれはない感じでした。

【音楽】「VOXXX」 電気グルーヴ

 

VOXXX

VOXXX

 

 

 若干サボっちゃってた。えへへ。

 今更電気なんかにハマりはじめてます。とりあえずのお気に入り。

 ジャンボタニシ

【音楽】「Platinum (Deluxe Edition)」 Mike Oldfield

 

Platinum-Deluxe Edition (2cd)

Platinum-Deluxe Edition (2cd)

 

  たぶん今年一番聞いたアルバムかなあどうかなあともかく気に入り度は高いので2014ベストとする。

 アマゾンデジタルミュージックでMP3の形で購入。

 Part Oneの印象的なイントロから始まり、Part Twoはにわかに激しく盛り上げて……来るのがPart Threeですよ。おしゃれなトランペットのメロディも素晴らしいが、流れるようにPart FourのNorth Starに入り込むのが素晴らしい。

 いーあーおー。

 いーあーおー。